結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイドでは、結納から式場選び、挙式、式の段取り、新婚生活に入る手続きなどを紹介

Menu ▼
結納から結婚報告までの結婚の準備
挙式、披露宴にかかる結婚費用
結婚式までの全段取り
結婚式当日の段取り
新婚生活に入るための手続き・準備
 TOP結納から結婚報告までの結婚の準備結婚報告(会社でのあいさつなど)
結納から結婚報告までの結婚の準備

挙式、披露宴にかかる結婚費用

結婚式までの全段取り

結婚式当日の段取り

新婚生活に入るための手続き・準備


結婚報告(会社でのあいさつなど)


【会社への報告 Q&A】


みんなに祝福される花嫁になるためには、オフィスでの態度やマナーはきちんとしたいもの。
秘訣は「順番」。
直属の上司→その上の上司→同僚という順序で伝えればスムーズにい くでしょう。

報告前に電話などで上司の耳に入ることがないよう注意します。



Q1 会社の報告はどの順番ではすればいいの?
A1 会社関係で真っ先に報告するのは直属の上司。
結婚式の日取りや会場が決まったら、まずは直属の上司に報告を。
その際に、さらに上の人に対してどうすればいいか相談して、同僚はその後が良いでしょう。

Q2 社内結婚のときの注意点は?
A2 タイミングに注意、ふたりで同時に報告を。
同じ職場なら、報告する日をふたりで決めて同じ日に報告しましょう。

Q3 仕事上の姓はどうすればいいの?
A3 基本的には自由、会社のルールがあることも。
戸籍上の名前でないと認めない会社、事務処理上は新しい名前でも、業務上は旧姓・新姓どちらでも選択して使える会社もあるようです。

Q4 上司への報告は、一日のうちのいつが良いの?
A4 週明けや忙しい時間帯はダメですよ。
ランチ後など、状況を見て判断。
月曜日の朝や午前中、退社時間間際など、忙しい時間帯は避けて、お昼時に「今お時間いただいてよろしいですか?」と、前置きし、報告を。

Q5 どのくらい前に会社に報告すればいいの?
A5 規定にもよりますが、結婚式の3ヶ月前までに報告を。
退職したり、長期休暇をとる場合は、結婚式の3ヶ月前までに報告することが良いでしょう。後任人事や引継ぎも考慮してスケジューリングを。

Q6 派遣社員の場合、報告は派遣会社から?
A6 まずは派遣会社→次に派遣先の上司へ。 
雇い主はあくまで派遣会社なので、まずは派遣会社の担当者へ連絡を済ませてください。
派遣先へは派遣会社から報告して良いけれど、自分で伝えたほうが好印象ですよ。



【好印象の気配りポイント】


◇ 披露宴に呼ぶ上司は
「私事ですが、このたび結婚することになりました。相手は学生時代の友人です。○月○日に▲▲ホテルで挙式予定です。□□部長にもぜひご列席いただきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。招待状は改めてお送りいたします 」

※スピーチなどを依頼する場合には このときに打診すると良いでしょう。

◇ 披露宴に呼ばない上司は
「○月○日に挙式予定ですが、披露宴は親族だけで簡単に済ませますので、会社の皆様には改めてご挨拶させていただければと思っています。今後ともよろしくお願いいたします」

※ 何も言わないと、結婚報告=式に招待される、と勘違いされるケースも。
身内のみで行う旨を事前に伝えればスムーズ。

◇ 挙式前の気配り
結婚式・新婚旅行でお休みをもらうなら、社内での引継ぎや取引への不在の連絡をわすれないで。 前日には、披露宴に招待する上司や同僚には「明日、よろしくお願いします」、招待しない人には「明日から●●日間お休みしますので、不在中はご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」の一言を。

◇ 挙式後の気配り
職場に復帰とたら、「不在の間はありがとうございました」と一人ひとりにきちんと挨拶をして回って、スピーチや仲人など、個人的にお世話になった人や、お祝いをくれた人たちに、お礼の品を贈るのも大切なマナー。
ハネムーンの際に買ってくるのが一般的。引き出物を多めに用意しておくのも良いでしょう。




採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
知って楽しいことばのルーツ
人相はあなたの心を映す鏡
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
いい女がいい男を選ぶ時代
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス



Copyright (C)2015. 結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイド All rights reserved.