結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイドでは、結納から式場選び、挙式、式の段取り、新婚生活に入る手続きなどを紹介

Menu ▼
結納から結婚報告までの結婚の準備
挙式、披露宴にかかる結婚費用
結婚式までの全段取り
結婚式当日の段取り
新婚生活に入るための手続き・準備
 TOP挙式、披露宴にかかる結婚費用結婚総費用の傾向と予算
結納から結婚報告までの結婚の準備

挙式、披露宴にかかる結婚費用

結婚式までの全段取り

結婚式当日の段取り

新婚生活に入るための手続き・準備



結婚総費用の傾向と予算


【結婚費用】


結婚費用には、
@ 結納等にかかる費用(結納金・結納返し・婚約記念品・雑費)
A 挙式や披露宴にかかる費用(挙式・披露宴・仲人へのお礼)
B 新婚旅行の費用、
C 新居や家具、生活用品などの新生活準備費用(家具・電気製品・台所用品等・着物・洋服・装飾品等)
などがあります。



最近は、二人だけの結婚式や、身内や友人だけの小規模でアットホームな披露宴など、結婚式の形態もさまざまです。

それでも、結婚にかかる費用は、UFJ銀行〔旧三和銀行〕の調査によると、新郎側の平均で約445万円、新婦側で約290万円、計740万円近くとかなりの額になっています。

やはりライフプランの中に組み込んで、計画的に準備しておく必要がありますね。
地域別では、関東地方の総費用が約680万円なのに対し、関西地方はその1.2倍の約810万円と、やはり西高東低型になっているようです。



【結婚総費用の予算配分】

結婚総費用をどれぐらい準備できるかは、本人の貯金や家族の協力など、ケースバイケースですが、予算の計画を見積もる場合には、一連の結婚の流れのうちのどこに重点を置くかを、十分検討する必要があります。

結婚総費用のうち、一番大きな出費を必要とするのは、挙式と披露宴でしょうが、それらの費用が、平均で約300万円程度かかり、結婚総費用全体の約半分を占めるようです。

ですから、挙式・披露宴といっても、内容や規模はさまざまで、そのやり方によってはお金を節約できるケースもいろいろあり、たとえば結婚式場は使わずにシンプルに人前式で挙式して、披露宴は会員制のパーティという形式にすれば、かかる金額は少なくて済むでしょう。

一流ホテルや式場の大宴会場を使ってお客様をたくさん招くとなると、相当な金額がかかることも念頭においておきましょう。

実際、ホテルや結婚式場などのパンフレットを見ても、200万円、300万円という数字が記載されていますので、それをもとに、だいたい金額がいくらかかるか算出し、予算を超える金額になってしまったら、イメージやプランを考え直しましょう。

最近は、レストランウエディングなど、形式にとらわれず、比較的低予算で結婚式を挙げるカップルも増えてきましたが、結婚式の予算を立てるときは、自分たちにとって何が大切で、どんな結婚式にしたいのか、二人で相談する必要があります。
そして従来の結婚スタイルにこだわらず、限られた予算の中でどこに一番ポイントを置くのか、優先順位をつけて予算配分しましょう。



【結婚費用の捻出方法】

結婚費用は、基本的には自分たちで用意すべきでしょう。

たとえば大学を卒業して、1,2年のうちに結婚するような場合には、貯金もないのが普通ですので、親の援助を期待するしかないでしょうが、男も30歳にもなれば、自分で経費を出すぐらいの気概がないと、結婚生活も危ぶまれますね。

用意できるお金が少ない場合には、見栄を張らず、その範囲内で挙式・披露宴を行ない、住まいや家具なども、現在使用しているものを活用して、必要最小限のものだけを購入し、あとは少しずつ買い足していくようにすると良いでしょう。

特に切実な問題になるのが、挙式・披露宴の費用を、新郎新婦側のどちらが、何をどれだけ負担すれば良いかということです。
最近は、挙式・披露宴費用と新婚旅行費用は双方の折半とし、結婚衣装代などはそれぞれが負担することが多いようですが、ケースによっては、新郎側が6割負担、新婦側が4割負担に決めるようなこともあります。

いずれにしても、両家同士で、はじめかに話し合っておくのが良いです。

また新居に関しては、住居を借りる場合の資金は男性側、家具や電化製品、生活用品などは女性側が負担するケースが一般的です。
ただし、お互いの経済力なども考慮し、二人でよく話し合って負担する割合を決めたほうが良いでしょう。





採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
知って楽しいことばのルーツ
人相はあなたの心を映す鏡
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
いい女がいい男を選ぶ時代
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス



Copyright (C)2015. 結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイド All rights reserved.