結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイドでは、結納から式場選び、挙式、式の段取り、新婚生活に入る手続きなどを紹介

Menu ▼
結納から結婚報告までの結婚の準備
挙式、披露宴にかかる結婚費用
結婚式までの全段取り
結婚式当日の段取り
新婚生活に入るための手続き・準備
 TOP挙式、披露宴にかかる結婚費用挙式、披露宴の費用
結納から結婚報告までの結婚の準備

挙式、披露宴にかかる結婚費用

結婚式までの全段取り

結婚式当日の段取り

新婚生活に入るための手続き・準備



挙式、披露宴の費用


結婚式場に下見に行ったとき、だいたいの予算や人数を伝えると、式場で見積りを出してくれます。

費用は結婚式場によってもかなり値段に幅がありますが、大まかに、(一人あたりの費用を平均2万円〜3万円とする)×出席人数、という数字を目安にする方法があります。

それに衣装や着付け代、会場飾花や音楽演奏代などの雑費をプラスした金額をあらかじめ出しておくと参考になります。



最初から予算の上限を伝えておくと、式場側ではそれに合わせてプランを立て、見積りを出してきます。
しかし実際には、花嫁衣裳代とか飲食代がかさんだりして見積りの金額をオーバーするケースがほとんどですので、予算を伝えるときには、自分の考えている目いっぱいの金額を言うのではなく、2〜3割程度少なめに言っておくほうが無難でしょう。

結婚式費用の相場は、招待人数100人程度で、平均で約300〜400万円ぐらいが目安です。
実際に結婚するとなると、大変な金額になりますね。


でも、あまり心配する必要はありませんよ。



結婚式には「ご祝儀」がありますので、一人平均3万円とすれば、100人の招待客から300万円のご祝儀がはいり、お二人の負担は相当軽くなりますので、ご安心を。

また、ご両親も援助してくれる可能性が高いですから、大丈夫。

ただ、一人前の社会人であれば、自分の責任で結婚式を催すぐらいの気持ちは大切ですから、あまり人を頼らないことです。



結婚式場タイプ別ではどうか。

結婚式場のタイプによって、費用の相場も上下するようです。

どんな結婚式場を選ぶか、によって相場も少し異なり、設備やサービスの内容にそれぞれ違いがあるので当然といえば当然ですが、例えば「貸切り」タイプのゲストハウスでの披露宴は、1日1・2組しか結婚式ができないこともあり、会場利用料が他の施設に比べると少し高め。

ただ、そのプライベートな「空間」を買っている金額と考えれば、一概に「高い」とも言えないですよね。

平均費用の高さから言えば、次のような順番になるでしょう。

ゲストハウスが高く、レストラン形式が少し安くなるかもしれません。

ゲストハウス  平均370万円抜群のプライベート感に加え、プールやガーデンが広がるドラマチックな空間を備えたところも多い。華やかさを求めるカップルにおすすめ。
ホ テ ル  平均330万円ホテルならではの行き届いたサービスや充実の施設が魅力。結婚後も、記念日で食事に訪れたり、長くつきあっていくことができる。
専門式場  平均306万円結婚式を専門に行う施設だからこその安心のサービスが人気。多彩な挙式スペースやバンケットなど、選択肢が多い点もうれしい。
レストラン  平均260万円おいしい料理と、ゲストとの距離が近いアットホームな雰囲気が素敵。形にとらわれない自由なパーティーを叶えたいふたりにぴったり。




採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
知って楽しいことばのルーツ
人相はあなたの心を映す鏡
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
いい女がいい男を選ぶ時代
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス



Copyright (C)2015. 結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイド All rights reserved.