結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイドでは、結納から式場選び、挙式、式の段取り、新婚生活に入る手続きなどを紹介

Menu ▼
結納から結婚報告までの結婚の準備
挙式、披露宴にかかる結婚費用
結婚式までの全段取り
結婚式当日の段取り
新婚生活に入るための手続き・準備
 TOP結納から結婚報告までの結婚の準備結婚式場の選び方のポイント
結納から結婚報告までの結婚の準備

挙式、披露宴にかかる結婚費用

結婚式までの全段取り

結婚式当日の段取り

新婚生活に入るための手続き・準備


結婚式場の選び方のポイント


これから花嫁&花婿にとって欠かせない「ブライダルフェア」。
デート気分で楽しみながらヒントを見つけられ、会場選びの良い判断材料になります。


初心者にオススメなのが「総合フェア」。
会場見学はもちろん、模擬挙式や模擬披露宴など、その会場のウェディングを一通り体験できますよ。

また、婚礼料理を実際に食べることができる「試食会」や、ドレスや和装、ヘア&メイク体験ができる「衣装試着会」など、こだわりに応えたフェアもあります。

まずは、自分のピックアップした式場へ直接足を運び、いろいろとチェックしてみましょう。

総合フェアでのポイントをチェック→こちら



【交通アクセスは】

交通の便は良いか。送迎バスはあるか。駐車場の広さは十分か。
これは自分たちが便利かどうかではなく、遠方から来られるゲストの皆さんがどういう年代層かを人かを考えましょう。
若い人が中心なら、少しぐらい遠くても心配はいりませんが、年配や高齢者が多い場合には、できるだけ交通アクセスの良い場所を選ぶ必要があるでしょう。

できるだけゲストの経費がかからないようにすることと、自分たちの経費負担も軽くなるように気をつけましょう。

★ 遠方から来られる人のために、送迎バスがあるかどうか。
会場になければその分は新郎新婦で手配し負担することになりますよ。
★ 駐車場の広さは十分か。
★ 披露宴から2次会へのスムーズに移動できるか。
★ 結婚式の場所の近くで宿泊が可能かどうか。・・・など



【施設・設備】

★ 建物のイメージやロビー、受付の雰囲気は良いか
★ 披露宴会場の広さ、内装、天井の高さなどはどうか。収容人数に問題はないか
★ 控室や更衣室の広さ、冷暖房、照明、音響装置、ロッカーなどの設備は整っているか
★ 宿泊施設はあるか。ない場合は近くに手配できるか


【会場・演出】

★ 神殿の広さ、雰囲気、設備はどうか。雅楽演奏や巫女舞を希望できるか
★ チャペルの広さ、雰囲気、設備はどうか。パイプオルガンや聖歌隊などを希望できるか
★ 挙式、披露宴のリハーサルは可能か
★ 披露宴会場の装飾やテーブル・コーディネイトに、自分たちの希望が取り入れられるか
★ 挙式、披露宴でオリジナルな演出ができるか


【式場スタッフは】

結婚式の準備を始めますと、誰しも初めての経験ということで、分からないことだらけですが、そういうときに、スタッフが親身になって相談に乗ってくれるかどうかが大切です。

分からないことがあれば、どしどしと質問をぶつけてみて、うっとおしそうに対応するか、あるいは、誠実に対応してくれるかを見極めます。
スタッフの対応が悪いと、あとあとまでも尾を引きますので、要注意です。

ただスタッフは一人だけでなく、複数いますので、全員が同じでないにしても、やはり式場の体質というものがありますので、スタッフの一人が対応が悪いと、式場全体の判断基準の一つとして要チェックです。

★ 言葉遣いや身だしなみ
★ 質問に対する対応
★ 安心して相談できそうか
★ 臨機応変に対応してくれそうか・・・など



【会場の広さ設備】

式場全体の雰囲気と会場の広さだけは自分の目でしっかり確認しましょう。といいますのが、予定しているゲストが100人で、会場の広さが100人用であれば、少し窮屈な感じがするでしょう。
狭すぎると窮屈な感じがし、広すぎると何か寂しい雰囲気になってしまうかもしれません。一卓に座る人数なども考慮しましょう。

★ 建物のイメージやロビー、受付の雰囲気は良いか
★ 披露宴会場の広さ、内装、天井の高さなどはどうか。収容人数に問題
★ 控室や更衣室の広さ、冷暖房、照明、音響装置、ロッカーなどの設備は整 っているか
★ テーブルとテーブルの間のスペースが適当か。
(私服で下見をした場合と、当日のドレスでは、スカートの部分がふんわり膨らむ分、広いスペースが必要です。ドレスがスレンダーだとしても、離合がスムーズな位は確保したいものです。着物のお客様もいらっしゃる事でしょう。着物の場合は帯がある分、普通よりもスペースを必要とします。)


【料理はどうか】

メニューを見て決めただけでは、味も新鮮さも分かりませんので、一度はゲストに出す料理を実際に試食しましょう。
実際に試食すれば、和食を得意としているか、あるいは洋食を得意としているのかなども分かってきます。

なんと言っても、披露宴のメインは「料理」ですから。参加者誰しもが楽しみにしていますので、料理の選択は非常に大切ですよ。
また、ゲストの年齢によって和食にするか、洋食にするかも検討しておきましょう。

★ 料理決定前に試食できるか
★ 多少のアレンジや変更はできるか・・・など
★ 料理の内容は満足できるか。オリジナル・メニューやケーキの持ち込みは可能か。料金とのバランスは良いか
★ 食器や盛り付けのセンスは良いか




採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
知って楽しいことばのルーツ
人相はあなたの心を映す鏡
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
いい女がいい男を選ぶ時代
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス



Copyright (C)2015. 結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイド All rights reserved.