結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイドでは、結納から式場選び、挙式、式の段取り、新婚生活に入る手続きなどを紹介

Menu ▼
結納から結婚報告までの結婚の準備
挙式、披露宴にかかる結婚費用
結婚式までの全段取り
結婚式当日の段取り
新婚生活に入るための手続き・準備
 TOP結納から結婚報告までの結婚の準備婚約指輪と結婚指輪
結納から結婚報告までの結婚の準備

挙式、披露宴にかかる結婚費用

結婚式までの全段取り

結婚式当日の段取り

新婚生活に入るための手続き・準備


婚約指輪と結婚指輪


古代ギリシャ・ローマ時代が起源というのが有力説。継ぎ目のない「輪」が、永遠の愛を象徴しています。戦後日本でも広まり、慣習化されました。
婚約指輪は婚約の証、または結納品の1つとして、結婚指輪は2人の永遠の愛を誓った証とされています。

婚約が無事決まって、二人で仲良く指輪を買いに出かけますと、不慣れな彼の口から「婚約指輪と結婚指輪ってどう違うの?」って驚きの台詞。
そんなとき、彼にそっとお伝えしましょう。



【婚約指輪とは】

婚約指輪とは、結婚の約束の証としての指輪で、女性なら誰しも憧れるものです。
男性は、あまりこだわらないことと、興味がそれほどないことから「結婚するまでに、3本も指輪を買わなきゃいけないなんて、知らなかったよ」という男性が多いようです。
その3本とは、男性が結婚の約束の証として女性に贈る婚約指輪と、夫婦となる男女がペアで付ける結婚指輪(ペアですから2本)を指しています。
婚約指輪とは、男性が婚約の記念に女性に贈る指輪であり、結婚の決まった女性の多くが結婚準備の過程の中で、最も興味を持っているもののひとつでもあります。
ちなみに、婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれます。



【結婚指輪とは】

結婚式でふたりが交換するのが、結婚指輪で、結婚式の時に夫婦となった二人が交換するペアの指輪です。プラチナや金でできたシンプルなデザインが一般的です。
結婚後、多くの人が日常的にはめたまま生活するので、「あの人は左薬指に指輪をしているから既婚者だ」という判断の材料になるものです。
つまり、結婚指輪は二人の誓いの証であるとともに、「私は結婚しています」と周囲に知らせる印でもあるのです。
1本あたりの価格は、大抵の場合、婚約指輪よりも手頃で、平均して10万円くらい。こちらはマリッジリングとも呼ばれています。


【婚約指輪の価格】

価格はもともとは給料の3ヶ月分ぐらいといわれていますが、これは業者の戦略に乗せられた価格で、またメディアや結婚雑誌などの影響もあって3ヶ月分になった気配が濃厚です。

一般的に婚約指輪の材質としては、ダイヤモンド1個の石をプラチナ台に乗せているのが普通でしょうが、最近では、カラーストーンも人気があって、誕生石を購入するケースもあるようです。

ダイヤモンドも最近は金額が安くなって購入しやすくなりましたが、いずれにしましても、人の意見に左右されず、二人のプロポーズの演出を最高に達するように、お二人だけの想い出になるような石を選択すると良いでしょう。

特に、100万円ぐらいまでの指輪なら、あまり財産価値としての値打ちはありませんから、ダイヤにこだわる必要はないでしょう。




【購入時期】

男性としては、結婚したいと思っている女性がいるならば、いつプロポーズのチャンスが巡ってくるかもしれませんので、そのためにも、早いうちに指輪を用意しておくのが良いでしょう。
いざというときにプロポーズの演出を高めてくれる指輪は必須アイテムで、これがなかったためにプロポーズの機会を逃すようなことになったら、取り返しのつかないことも考えられますよ。他の男にプロポーズされる前に先手を打って必須アイテムは準備しておきましょう。


確かに、プロポーズという人生で最高の演出時に使用される超重要アイテムですが、案外結婚してしまいますと、タンスの肥やしになって、めったにお目にかかることも少ないですね。

たまにパーティーや結婚式に出席する際に付けていけると思いますが、結婚式出席やパーティーなどはそう日常的に開催されるわけではないので、やはり、プロポーズの演出アイテムということでしょう。その割には、婚約指輪の値段は高いです。




採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
知って楽しいことばのルーツ
人相はあなたの心を映す鏡
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
いい女がいい男を選ぶ時代
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス



Copyright (C)2015. 結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイド All rights reserved.