結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイドでは、結納から式場選び、挙式、式の段取り、新婚生活に入る手続きなどを紹介

Menu ▼
結納から結婚報告までの結婚の準備
挙式、披露宴にかかる結婚費用
結婚式までの全段取り
結婚式当日の段取り
新婚生活に入るための手続き・準備
 TOP結納から結婚報告までの結婚の準備海外挙式について
結納から結婚報告までの結婚の準備

挙式、披露宴にかかる結婚費用

結婚式までの全段取り

結婚式当日の段取り

新婚生活に入るための手続き・準備


海外挙式について


海外挙式といえばハワイやグアムが定番ですが、その他の地域にも魅力的なエリアがたくさんあります!ぜひこのサイトで海外挙式の魅力を感じてもらえたらと思います。

海外挙式を成功させるにはやはり事前に綿密な計画が必要になってきます。一番大切な相手のご両親への挨拶、エリアの決定から挙式スタイル、また指輪やウェディングドレスなど前もって計画的に準備することが重要です。

たしかに費用がかかる海外挙式ですが、その分、一生に残る結婚式なること間違いなし!

ぜひあなたも海外挙式で自分だけの結婚式をプロデュースしてください!



【海外ウェディングQ&A】

Q1 手配会社はどうやって選べばいいの?
A1 海外挙式を手配できるのは、プロデュース会社と旅行代理店、挙式後の披露宴も取り扱うホテル・式場です。各会社で取り扱う地域が異なり、どこの国で挙式したいかを決めると良いでしょう。
たとえばハワイで挙式をしたいのなら、ハワイが得意で希望をたくさん叶えてくれる会社を選んで、手配可能な内容の確認も大切。旅行や宿泊など全てがセットになったプランなどが便利で人気です。

Q2 同行者の旅行手配は?
A2  同行者の日程調整や、旅費や宿泊費の負担など、ふたりだけの場合とでは準備内容が変わります。同行者はいるのかいないのか、いる場合は何名かなどを早目に決めておきましょう。
挙式・旅行手配をする会社に、同行者の旅行手配を頼むのがベスト。
費用負担なども同行者と相談しておきましょう。

Q3 英語が苦手でも大丈夫?
A3 プロデュース会社などを利用する場合、現地に日本人スタッフや日本語の話せる現地スタッフがサポートしてくれる場合も。
事前に確認しておきましょう。

Q4 ドレスはどうすれば良いの?
A4 日本で試着して同じものを現地でレンタルできたり、また現地で試着&レンタル可能な場合もあるようです。
日本でレンタル&購入したドレスを持参するのももちろんОK。
その場合は、運びやすく形が崩れにくい素材のドレスを選び持ち運びには十分に注意しましょう。

Q5 ヘアメイクはどうすれば良いの?
A5 日本人スタッフや、日本語を話せる現地スタッフが担当することもあります。
国によってはメイクが濃いかったり、ニュアンスがうまく伝わらなかったりするので、希望するヘアメイクの切抜きや写真を持参すると良いでしょう。
リハーサルメイクができる場合もあり、メイク術を習って自分で行うのもありです。

Q6 帰国後、パーティーは?
A6 いつ、誰を呼んで、どのようなスタイルにするのかを決めましょう。
挙式手配会社に依頼するのもひとつの手段。いろんなこだわりがある場合は、日本での挙式&披露宴と同様、ある程度の期間が必要になってくるので、余裕を持って準備をしておくと良いでしょう。





採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
知って楽しいことばのルーツ
人相はあなたの心を映す鏡
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
いい女がいい男を選ぶ時代
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス



Copyright (C)2015. 結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイド All rights reserved.