結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイドでは、結納から式場選び、挙式、式の段取り、新婚生活に入る手続きなどを紹介

Menu ▼
結納から結婚報告までの結婚の準備
挙式、披露宴にかかる結婚費用
結婚式までの全段取り
結婚式当日の段取り
新婚生活に入るための手続き・準備
 TOP結婚式までの全段取り挙式3ヶ月前
結納から結婚報告までの結婚の準備

挙式、披露宴にかかる結婚費用

結婚式までの全段取り

結婚式当日の段取り

新婚生活に入るための手続き・準備




挙式3ヶ月前


二人の大切なウエディングだから、思い出に残るような感動的なセレモニーにしたいものですね。
結婚が決まったら余裕をもって準備を進め、結婚式には万全な状態で臨みましょう。
二人で結婚式のスタイルやスケジュールを考えていくのも幸せが感じられる楽しい作業になるはずです。
結婚式までのスケジュールと順序や段取りをご説明しますので、チェックしてみてくださいね。



 挙式3ヶ月前

□ ゲストのリストアップ開始 

□ 会場との打ち合わせ開始

□ 招待状の作成
★招待客をピックアップしたら、招待状を作って発送します。
★招待状は一世帯一通が原則。モレや誤字がないか必ずチェック!
同時にペーパーアイテム(席次表・ウェルカムボード・席札・サンキューカード・メニュー表・プロフィールパンフ等)の検討もします。
★デザインや文章のほかに、載せる写真などを選ぶのも忘れずに。
★さらに結婚式が終わってから発送する結婚報告はがきも、デザインは早めに決めて おきましょう。
★引き出物・プチギフト・両親へのギフト選びもこの時期にするとよいでしょう。
★両家の地域の習慣などもあるので事前に聞いておくこと。 


□ 手作りアイテムの準備開始



□ 写真・ビデオの手配
★披露宴でお色直しをする人は、その時間の合間の演出にも気を配って。
★人気なのはプロフィールビデオ。二人の生い立ちから馴初めなど、ラブ度を楽しくアピールする格好のアイテムです。

 【写真・ビデオの成功のコツ】
◆どんなポーズを撮りたいのか、撮影料とあわせて検討する。
◆写真・ビデオの撮影依頼は、プロ・友人のどちらにするのか決める。
◆ドラマのワンシーンのような映像やアルバムに仕上げたいのなら、プロに依頼するのがベター。
◆別撮り・前撮りプランを利用するか検討する。

□ 司会者の手配 

□ 勤務先への報告 

□ 披露宴の挨拶・スピーチ、余興や受付の依頼
スムーズに依頼するには
★友人に依頼する場合は、その負担を考え、「お車代」や「薄謝」を渡す配慮を。
★特に披露宴の雰囲気を左右する司会には、プロを立てるケースが増えている。その際も綿密な打合せを。


□ 新居決定 




 司会者の手配

【司会の依頼と確認内容】

@披露宴の形式
人数、顔ぶれ、予定時間、披露宴の趣向(厳粛なムードなのか、くだけたパーティなのか、通常のお約束トークだけでいい普通の雰囲気を希望するのか、一から考えなければならない人前挙式やオリジナルウエディングなのかなど)、演出プランについて伝えましょう。

A司会者の人数
ひとりか複数か。複数の場合、相手はどんな人かなど。

B披露宴の席
披露宴の席は設けず、司会に専念してもらうのか、披露宴の席について司会をやってもらうかなについて。

C当日の集合時間、宴会場の会場係との打合せのタイミング
披露宴の開始時間の1時間から30分くらい前に、披露宴会場内で打合せをするのが一般的です。

D進行がずれた場合の対応
時間が押してきた場合、省略してもいいものや短縮してもいいものなどを事前に伝えておきましょう。

E当日使うBGM
当日、どのシーンでどの曲を使うのか伝えておきましょう。

F祝電について
祝電は当日、司会者に渡されるが、数が多いと全員の分は読めません。

G披露宴直前にチェックしましょう。
★披露宴終了後、持ち帰るもの
★自分たちで持ち込んだものは、持ち帰りましょう。
★何を持ち帰るのか司会者に伝えておくようにしましょう。




採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
知って楽しいことばのルーツ
人相はあなたの心を映す鏡
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
いい女がいい男を選ぶ時代
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス



Copyright (C)2015. 結婚から新生活までの手続き・費用・段取りの準備ガイド All rights reserved.